機密の取り扱い

 最近のニュースで割とあっさり取り上げられたもので、Googleへ空港の図面を渡してしまった問題についてはいろいろ考えさせられます
 丁度東日本大震災の時に起こった福島第一原発での事故では、マスコミ各社がこぞって原発の施設の全てを報道したのは記憶に新しいところです。国民の知る権利、報道の自由という観点で見れば普通の事ですが、現代においては諸外国に全てをさらけ出したと同じである、という認識も必要だったと感じます。もちろん拉致問題を抱え、ミサイルを向けているとされる北朝鮮にも筒抜けだという事です。その他日本を「敵視」とまでは言いませんが、そういう見方をする国や団体に対しても同様なのです。
 国家機密に関する事などは慎重に取り扱わなければなりませんし、機密事項の線引きも適切にされなければならないと思います。知る権利は大事ですが、知った故に負わされる責任というものもあるという事を理解しなければならないと感じるのです。看護師転職なら非公開情報看護qz.jp